大腸がん 症状

スポンサーリンク





大腸がん 症状

大腸がん 症状について。

 

 

 

 

 

大腸がんの症状は、癌腫が大腸のどの一片に出現したか、そして癌腫の進歩具合によって変貌します。
代表的な大腸がんの症候は、「血便、便通異常、胃痛」です。

 

 

早期の大腸がんでは症候が無い事柄がほどんどです。症候により感知されるケースは、血便のケースが数多いです。

スポンサーリンク



 

 

S状大腸〜直腸の癌腫では、肛門に近く、便が固まってくるため、便に血液が混ざり合う、便が細くなる、
便が残っている雰囲気がする、下痢症と便秘症をくり返すあるいは胃痛などの症候がみられます。

 

 

 

 

 

一方、肛門から離れた虫垂や上行大腸の癌腫では、便はいまだ固まらず液態であるため、
血便や便秘症などの症状がでる事柄は少なく、
気付かないうちに少しずつ出血する事によるふらつきや消耗しやすいなどの貧血症症状や、
反吐・胃痛・腹部の張りなど腸閉塞症状、しこりの触知などが症候と成る事が数多いです。

 

 

このような症候が出てきた時には、大腸がんである可能性を考え、チェックを行なう事が大切です。

 

 

 

 

早期のレベルで癌腫を探知しようと致すならば、定期的に人間ドックで便潜血のチェックを受けたり、
健診などで大腸ビデオカメラや注腸チェック(バリウム)を行なう事が必要になります。

スポンサーリンク



おすすめ記事


スポンサーリンク





スポンサーリンク